蛇口で起きる困る水のトラブルも構造を知って自分で修理

■水のトラブルで多い蛇口

突然蛇口から水が止まらなくなるような水のトラブルが起きれば、生活に支障が出て困る状況になります。困る水のトラブルも蛇口の構造を知ると、修理の仕方も見えてきます。
大きく分けると、蛇口の形状には単水栓と混合水栓の2つのかたちがあります。どちらもよく使用される形状ですが、トラブルが発生するポイントに違いがあります。単水栓は、水かお湯かどちらかしか出ない構造で、ひとつのハンドルでひとつの吐出口を持ちます。元の配管も1本のため、水かお湯か決められたものしか出ません。家の外に取り付けてある水道にも使われますが、簡単な構造のため水漏れ程度の状況であれば、水のトラブルが起きたときにも自分で修理もしやすくなっています。
混合水栓は、水もお湯も出せる構造で、吐出口は1本です。途中で水とお湯を混ぜ合わせて出せることから、温度の調節もできます。金具の中でお湯と水を混合する際にサーモスタッドを取り付けて温度をコントロールする構造で複雑になっているため、専門的な知識がなければ自分で交換することは難しいタイプの蛇口です。
取り付けている場所によっても構造が変わってきます。壁付け型が一般的ですが、台付きのタイプは、キッチンをはじめ洗面所などでも使われる構造です。こうした分類がわかるだけでも、修理に使われる部品の予想がつきます。解体していく順番にもコツがあるため、まずはどちらなのかを見て修理の方法を考えなければいけません。構造的にわからないなど不安を感じたときには、専門業者に修理を依頼したほうが確実です。

■水圧に耐えている蛇口の構造

蛇口は水道管から圧力を掛けて送られてくる水を受け止めています。蛇口を締めている間は、一番下にあるコマが押し付けられており、これで塞いでいる状態です。すき間ができないようにコマは円錐状のかたちに作られており、同時に圧力に耐えられるように作っています。ハンドルを緩めるとコマが押しあがり、その量によって吐出量をコントロールしているのが単水栓での構造ですが、混合水栓もそこまで変わるものではありません。水漏れしているときには、この水圧に耐えられなくなり漏れてきています。
基本的な部分で見ると、単水栓の場合には、ハンドルに三角パッキンやスピンドルが取り付けられています。その下にコマとパッキン、ナットというのが基本構造です。吐出口にはU型パッキンやリングが取り付けられており、蛇口の位置を変えても漏れてこないようになっています。これらが劣化してくれば、水漏れの原因につながるでしょう。トラブルが起きる前に定期的に交換するというのも方法です。
混合水栓でもツーバルブと呼ばれているものは、ワンレバータイプのものよりもシンプルな構造です。ハンドルの下には、カートリッジが設置されており、連動するように軸棒が動きます。この動きが水量を変化させて温度を調節していくため、コマの代わりになるのがカートリッジ部分で、消耗品として交換も必要です。
さらにサーモスタットがつくと、構造は複雑になります。サーモカートリッジが取り付けられており、これにより内部の栓をコントロールしています。メーカーごとに構造が異なり、互換性もほぼありません。トラブルが起きて水が止まらないときなど、交換するなら専用の部品を使う以外に方法はないといえるでしょう。

■自分で修理するときに必要な道具
水のトラブルが起きたときに自分で修理する場合には、交換するための部品のほかに道具が必要です。締め付けているナット部分を緩めたり締めたりするために、モンキーレンチやプライヤーは欠かせません。ホームセンターなどでも簡単に手にはいるようにはなりましたが、サイズも複数あるため、使う範囲にあっているものを見つけなければいけません。精密ドライバーなどは、内部の部品を引きはがすときに役立ちます。
水のトラブルが起きたときに、問題がある部品はすぐに取り外せるとは限りません。細かな部品が固着して外せないケースもトラブルにつながります。内部の部品がとりにくい状況に対して便利なのがピンセットです。水のトラブルが起きて修理する場合にも、内部の部品が取れないと交換できません。指が入らない狭い場所もあるため、ピンセットを用意しておけば便利です。本体ごと交換しなければいけないときには、水栓レンチも使います。しっかりとまわして外すためになくてはならない道具ですが、水回りの配管の修理以外では使いません。ほかにもバケツやバスタオルといったものも用意して、軍手やゴム手袋を使って作業をします。
水漏れなどが発生したときには、必ず止水栓か元栓を閉めてから作業します。圧力がかかったままの状態で部品を外したりすれば、水圧で飛んできたりするからです。水も噴き出してくるため周りも水浸しになり、なによりも危険ですので、準備をして圧力が下がっている状態を確認してから作業に入るのが安全の確保のポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ