お風呂場の水のトラブルで困るカビと悪臭

■お風呂場にはつきものの取れずに困るカビ

清潔な環境で使いたいお風呂場は、高い湿度を抱え込んでしまう場所です。温度も高くカビの温床ともなってしまうのは、お風呂場の性質ともいえます。掃除をしていても、カビが発生することはありますし、落としても落とし切れないのが困るポイントです。
カビが生える原因には、適度な温度と湿度が関係しています。逆に言えば、温度と湿度の管理ができれば、カビは生えにくい条件をお風呂場でもそろえられます。手間はかかりますが、使用後に水滴まできれいにふき取ることで、湿度の管理が可能です。軽くふき取るだけでも違いが出るため、カビが気になるときには試してみても良いでしょう。室温が上がることも問題のため、お風呂から出るときには壁に冷水を掛けて室温を下げるのも有効です。お風呂場の空気の温度よりも下がりにくいのが壁などの温度で、水を掛けておくだけでも室温は見る見るうちに下がります。換気も丁寧におこなえば、湿度も下げられるため、カビの繁殖条件を削減でき、清潔な空間に近づきます。
湿度の面で考えたときには、浴槽にお湯を貯めておくのはマイナスです。温度が高い上に、蒸発していくだけで湿度を上昇させます。なにかあったときには大事な水を貯めることはできますが、日常的におこなうとカビには好条件になります。貯めておくのなら、窓を開けておくなどの対策はしておかなければいけません。お風呂場は湿度が高く、外気よりもカビが好む環境です。シャワーを浴びただけでもしっかりと換気をしなければ、カビが発生し清潔な環境ではなくなります。

■お風呂場に漂う臭いの元は

清潔に使いたいのに、臭いが出るのもお風呂場の困るところです。水のトラブルとしてもよく起きるのが臭いの問題ですが、原因は水の中に異物が流れ込み、排水管の中で溜まるからです。もうひとつの原因が、やはりカビです。カビ臭さといういい方もしますが、カビが生えると臭いを発生させるため、防止していかなければいけません。
カビの発生する場所は、目に見えるところだけに限らず、裏側になる部分にも生えていきます。浴槽の裏側などに生えることもあり、見える部分以外にもケアしていかなければいけません。専門業者に依頼して、徹底的な清掃をするのもカビ対策のひとつです。壁のすき間などにも発生しますし、扉のわきや窓ガラスのわきに使われているコーキングにもカビは発生します。
見逃しやすい部分が、足ふきマットです。最近は珪藻土を使ったものなども出てきていますが、湿度を含むことを忘れてはいけません。体についた水をふき取っているため当然ですが、こまめに洗濯するとともに、珪藻土のマットの裏などは定期的にみておくと効果的です。
排水管の中の臭いは、汚れが溜まりこんでいるため、きれいに洗い流さなければいけません。内部には皮脂なども付着して臭いを発してくるためですが、パイプクリーナーなどを使うだけでも効果があります。やがて詰まって流れなくなる場合もあるので、日ごろからケアしておくと臭い対策にもなります。
深刻なのは、下水から臭いが上がってきているケースです。排水トラップと呼ばれる部分がありますが、うまく機能していない可能性があり、きちっと機能しているのか確認しなければいけません。水が溜められて臭いをブロックしていますが、勢いよく流れたことで圧力の変化が生じなくなっているケースもあります。ゆっくりと水を流して溜めてあげれば、1日あれば臭いはなくなります。

■異物が落ちて詰まるトラブルも
お風呂場の水のトラブルとして、最近ではバリアフリーを進めた結果、脱衣所にお風呂で使った水が流れ込むケースも出てきました。脱衣所と段差をなくした結果ではありますが、流れ込まないように排水溝が設けられています。洗い場から流れ込まない仕組みですが、詰まってしまえば機能しません。脱衣所ではタオルも使いますし、タオルや服から落ちたごみなどが綿ぼこりとなり詰まることも出てきます。きれいに掃除しておけば避けられるため、定期的にメンテナンスしてあげれば解決できます。
お風呂場に洗面台が取り付けてある単身向け住宅などでは、排水口に異物が落ちてしまうトラブルも起きます。簡単に取れると問題はありませんが、落ちたことに気がつかず排水管にまで流れ込んでいると、大変困った事態を引き起こします。大きなものであれば、排水管に流れ込まずに止まりますし、髪の毛を受け取るキャッチなどで引っかかれば取れますが、小さなアクセサリーなどが落ちたときには回収ができません。そこに異物が絡み合えば、排水管が詰まる原因を作ります。いくらパイプクリーナーなどを使っても、詰まりも臭いも収まらないときには、実は異物が絡んでいたということも考えられます。できるだけ余計なものは持ち込まないことも大切ですが、お子さんがいたりすると、気がつかないうちに小さな異物が落ちていることも珍しくありません。どこで詰まっているのか見えないのが排水口のため、専門業者に点検してもらい除去するなどの方法が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ