水のトラブルの中でも止まらないことへの対策とは

水のトラブルで最も多いといわれているのが、蛇口からポタポタと水が止まらないというトラブルです。少量の水だからまあいいか、と思っていると、次第に蛇口から出てくる水の量が多くなり、最終的には蛇口をしっかりしめているのに水が止まらないという状態になります。
こうした大きな故障となる前に、対策を考えることが必要です。自分でできる応急処置などについても理解が必要ですし、いつでも来てくれる業者さんを調べておく必要もあります。

■蛇口から水がポタポタ…止まらない水のトラブル

蛇口をきちんと閉めたのに水がポタポタ…少ない水の量であっても、水道料に加算されているのです。水がポタポタ落ちると気になって蛇口をぎゅうぎゅうきつくひねりすぎると、完全に内部のパッキンが切れて止水栓を止めないと水が止まらないという状態になります。パッキンのほかにも、スピンドルと呼ばれる部分が経年劣化によって破損していることもあり、蛇口の形状、タイプによっても修理方法が異なるのです。パッキンやスピンドルの交換は、蛇口の形状によって自分でもできる事があります。しかし新しい家ほど、レバータイプの蛇口が多く、レバーハンドルの下の方についているバルブで温度、水量の調節ができるものとなっているので、素人が蛇口 交換するには難易度が高いといわれています。

■自分で修理できる場合には止水栓を止めることが重要

蛇口の構造などがある程度理解出来ている、インターネット等で調べて自分でできそう、という場合には、必要な部材など手に入れば交換してみてもいいでしょう。ただその場合も、できなかった時を考えて水道工事店や水のトラブルに対応してくれる業者の連絡先を調べておくほうが安心です。また、蛇口のハンドル部分を分解して、必要な部品を新しいものに交換する必要があるので、水道の元栓である止水栓を閉めておかないと周辺が水浸しになります。自分で故障を修理する時にも、水のトラブル対応には、必ず最初に止水栓を止めることを忘れないようにしましょう。

■まとめ
自分で修理を行う時にも、その修理で直らないこともありますし、思っていた箇所とは違う箇所に故障がある、ということもあります。水のトラブルが大きくなれば水が大量に出て止まらないという状態になります。万が一に備えて連絡して、すぐ来てくれる水のトラブル対応業者の連絡先を近くにおいて行うべきです。特に集合住宅は下の階の方に迷惑をかけたり、家電製品の賠償など必要になることもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ