水のトラブルは水道メーターと水道代から判断、減額の条件とは

■水道料金が高くなった時には水道メーターを確認

特別な事情がない限りは、突然水道代が高くなるということはありません。急に水道代が高くなった場合、まず自分で水道メーターを調べてみるのがおすすめです。目に見えて水漏れをしている場合もあれば、目に見えない場所で水漏れをしている可能性も否定できません。水道メーターは使用量に合わせてカウントされるものです。水道を止めても動く場合は、水漏れの可能性が高いです。そして、水漏れしていることが分かったのなら、どこから水漏れをしているかを突き止めていきましょう。まずは使用回数が多い場所に注目します。
トイレ、洗面所、台所、洗濯機といった場所が水漏れをしやすいです。これらの使用回数が多い場所をチェックしても水漏れが確認できない場合は、地面及び壁の中に埋まっている配管からの水漏れが疑われます。この場合は自分で水漏れを発見するのが難しく、専門業者に依頼して対応してもらうのが望ましいです。
何気なく使用している水を使えなくなるのは、生活を送るにあたって大きなマイナスになってしまうでしょう。水道代が高くなったという事実により、水漏れに気付くことも多いです。水道メーターを見る機会は日常生活を送るうえでそう多くはないものの、水漏れの可能性がある場合はまずチェックしておくべきです。水のトラブルはまだ被害が拡大していない段階で対応し、根本的な解決を図るのがベストです。水漏れをしているかどうかについては、確信ができずとも疑わしい場合には水道メーターをチェックすべきであるのは間違いありません。

■水漏れが理由で高額請求をされた場合の対応について

水漏れに気付くことなく、高額な水道代を請求されて初めて水のトラブルが発生していたことに気付く場合もあります。使用者としては自分が使った分ではないからこそ、支払たくないという気持ちが芽生えるものです。給水管が自宅の占有区域にある場合は、支払い義務が生じると覚えておいた方がよいでしょう。減額できる条件は各自治体によって異なります。基本的には目に見える場所での水漏れや、故意の水漏れで減額が認められることはありません。不適切な管理をしていた使用者に責任があると判断されます。
壁の内部や床下などの給水管が破損して水漏れが起きた場合、すぐに気付くことが難しいことから減額が認められることが一般的です。しかし、実際に使った水もあるため、全額水道代が免除されることはありません。過去の水道使用量の平均を目安とし、50%以上の減額がされることが多いです。水道メーターを確認して水漏れに気付いた場合は、まずはその地域の水道を管轄する自治体に請求することを考えた方がよいでしょう。漏水減額請求書を水道局から取り寄せて必要事項を記入し、修理代の請求書や領収書のコピーも準備しておきます。そして、担当者とのやりとりをしながら減額ができるかどうかを待つことになります。減額の条件を満たしていないのならまだしも、どちらとも判断できない場合や減額の条件を満たしている場合は相談をした方がよいでしょう。
使用者に落ち度がないのに余計に水道代を支払うことにはなるのは避けたいと思うのは当然です。定期点検で適切な管理を行うのはもちろん、もしもの場合は各自治体への相談をするということも忘れないようにしましょう。

■管理区分によって異なる修理代の負担者
水道水は配水管から各家庭の給水管に分岐しており、管の場所によって管理者が異なるものです。そして、故障個所に応じて誰が水道工事業者を手配し、修理代を支払う人も変わっていきます。配水管から水道メーターまでを一次側、水道メーターから蛇口までの給水管が二次側と呼ばれています。
一次側はすべての手配を水道局が行い、二次側は使用者の管理区分となります。水道局に連絡した場合には、水道代の減額請求が可能かどうかも教えてくれます。賃貸物件の場合は水道メーターから蛇口までの給水管は管理会社の負担になり、水道メーターから蛇口までの間は使用者の負担になります。
水のトラブルが発生した場合、誰が修理費用や水道代の負担をするかは大きな問題になることも少なくありません。大切なのは誰の責任によるものであるかです。使用者に何も過失がないのに請求されて費用を支払うことは避けたいものです。請求されるとそのまま支払ってしまう方も少なくないものの、減額請求ができることと管理区分によっての責任が異なることを覚えておいた方がよいでしょう。
もちろん、水漏れの疑いがある場合は点検をして何も問題がないかを確認するのも忘れてはいけません。日々の生活で何気なく当たり前に使用している水が、大きな問題につながる可能性もあります。後になって知らなかったとならないように、被害が拡大を防ぎながら適切な対応をして余計な費用を支払わないようにしましょう。ちょっとした対応によって大きなトラブルになることなく解決を図ることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ