水のトラブルは困る前に修理すべき

水道の水が急に止まらなくなったり、トイレの水が詰まる等、水のトラブルが起こるとほとんどの方がパニックに陥ります。お風呂の蛇口から水がポタポタ垂れていて、しっかり止まらないなとギュッと蛇口をひねった途端、蛇口がくるくる回るようになり制御不能、水が流れっぱなし、なんてことになったとき、どのように対応すればいいか、ある程度知識を持っておくことが必要です。

■トイレの水が止まらない

トイレの水を流したらずっと止まらなくなったという時、ボールタップの故障が考えられます。業者に依頼する前に、タンク内のハンドルレバーの鎖に浮き球などが絡まっていないか、ボールタップが緩んでいないか、などを確認してみるべきです。ハンドルレバーの鎖に絡まっているようならそれを取ってあげることで通常通り利用できるようになります。またボールタップの緩みも接続部分を締めなおすことで解消しますし、水位の調節ができていない状態なら、水位調整リング、浮き球を回転させて調節することで直ることもあるのです。
こうしたことを行ってみても、水の流れが止まらないということなら、止水栓を止めていったんトイレの利用を中止し、水のトラブルに対応してくれる業者に依頼します。

■詰まりは業者に依頼する方が安心

水の流れが止まらない場合もそうですが、水が詰まって流れないという場合は、水のトラブルに対応してくれる業者に依頼する方が安心です。トイレも洗面所もキッチンも、普段毎日利用する部分なので家族みんなが困る問題となります。完全に故障してしまう前にメンテナンスすることで、家族が困ることもなくなります。
特に建築してからある程度の年数が経過している住宅などは、一度、水回りの不調がある箇所について、業者にみてもらう方が安心です。特にトイレの水の詰まりなどは、逆流してくることもあるので困るどころではなく、被害が大きく広がる可能性があります。おかしいなと思う時にすぐ業者を依頼し、見てもらうことで被害を拡大しない、また修理費用に関しても最小限に抑えることができるでしょう。

■まとめ
水が利用できないと、生活全般に支障をきたします。少し困る程度だったらまだいいのですが、どうにもならない状態になってから修理を呼んでも、水道料、修理費用などが大きくかかる問題となることもあるのです。一戸建ての場合、周囲の方に迷惑をかける事はありませんが、集合住宅となると水漏れにより大きな被害となることもあります。困る前に業者に見てもらうことが重要と考える事が大きな水のトラブルにさせないポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ