水のトラブルで多くの人が困るつまりを甘く見てはいけない

■水のトラブルでも頻度が多いのがつまり

色々と困る水のトラブルにも色々と種類があります。蛇口の故障・洗面所の故障・排水管からの水漏れ・水を使ったときに発生する異音・赤さびが出る・水圧が極端に落ちる・お風呂に水が溜まらないなど数え上げると切りがありませんが、その中でも頻度が多いのが所謂つまりが発生することで巻き起こるトラブルです。
つまりという言葉から良く連想されるのがトイレがつまって逆流するというケースですが、このつまりはトイレだけでは無くお風呂場でもキッチンでも洗濯機でも発生するトラブルとなっています。トイレの場合は流してはいけない物を流してしまうことで発生するつまりですが、それ以外の場所だと流しても特に問題ない物が蓄積されることでつまるという場合が考えられます。キッチンの場合だとよくあるのが料理に使った油や野菜などのクズがを流してしまうことです。天ぷら油を凝固剤で固めた後に燃えるゴミで捨てるといった工夫を凝らしている人ならば耐用年数まで持つ確率は上がりますが、それ以外の細かい油は除去できないので確実に蓄積されています。意識していない人は排水管の耐用年数といわれている10年から20年に到達する前にトラブルが発生してしまうでしょう。
たとえば、炒め物などを作る時には必ず油を使いますが、その油を使ったフライパンを洗う前にキッチンペーパーなどで拭いたとしても完全に除去することはできません。このように料理や調理を行うことで発生する細かい油汚れが配管に少しずつ蓄積されていってしまい、最終的には水のつまりに繋がってしまいます。
お風呂場では髪の毛によって排水管がつまってしまうことがありますが、それ以外にも水垢や洗顔料のカスなどが蓄積されていくことで少しずつ配管がつまっていってしまうでしょう。洗濯機の場合は大量の糸くずといった繊維質が蓄積されることが多いですし、洋服のボタンやヘアピンなどが洗濯をしている最中に外れてつまってしまうというケースもあるでしょう。

■水がつまってしまうとどうなるのか

水がつまってしまうと水に纏わるあらゆるトラブルが発生しやすくなります。特に発生しやすくなるのが水の逆流と悪臭です。排水管の中が塞がれてしまうと流れるべき物が流れなくなってしまうので、排水管の中でつまった物が腐ってしまい悪臭が多発するようになり、日常生活がかなり困るものとなってしまいます。
また、排水管の中というのは外気温と比べると一定に保たれる傾向にありますので、虫が発生しやすい箇所となっています。配管がつまってしまうとよりゴキブリや蠅といった害虫が大量発生してきわめて不衛生な状態になってしまうでしょう。この不衛生な環境が原因で病気になってしまう可能性も一気に高まりますので放置は絶対にNGです。水がつまることで逆流してしまうことを予想できる人は多いのですが、このように不衛生な環境になってしまうところまで発想が追いつく人はそこまで多くありません。
排水管がつまってしまい逆流するようになると汚い水が一気に戻ってくるようになりますので床が汚水で水浸しになる恐れもあります。排水管が壊れてしまい逆流だけでは無く壊れた部位から水漏れが発生してしまうこともあるでしょう。ここまで被害が広がってしまう恐れがあるのがつまりなので異常を感じた場合は直ぐに対処する必要があります。

■配管がつまった時の対処方について
配管がつまったときの対処方はいくつかありますのでそのやり方を活用することが先決でしょう。それでも解決しなかったら業者に依頼してください。まず、キッチンの排水溝でつまりが発生してしまった場合はゴミ受けのカゴを歯ブラシやスポンジなどを使って徹底的に磨きましょう。綺麗にした後はカゴやトラップを外してトラップ内を歯ブラシで掃除してあげてください。ただし、トラップの中に歯ブラシを落としてしまうと余計につまってしまいますので注意してください。あとは市販の液状洗剤や重曹やお酢やお湯を使って手では届かない配管内部を綺麗にしましょう。ここまでやっても効果が無い場合は業者に依頼するのが正解です。
トイレでつまってしまった場合は多くの方々にスッポンと呼ばれているラバーカップを使って解消するのが一般的です。ただし、あのラバーカップはかなりの圧力がかかってしまうのでやり過ぎると配管を傷つける恐れがあります。これ以外にも軽くつまっただけならば水を見える範囲で全部くみ取ってから、排水溝めがけてお湯を注ぐという方法もあります。ある程度勢いがある方が流れやすいので、高い位置から排水口に向けて注ぐようにすると流れ出す可能性が高まるでしょう。また、ここで流すお湯は50℃程度にすることと、そのお湯に重曹を混ぜることでより効果が高まります。比率は重曹1に対してお酢を2とするといいでしょう。注意点としては、お湯が熱いほど確かに流れる確率は上がりますがトイレは陶器なので割れる確率も高まってしまうと言うことです。なので、50℃程度という温度設定は守ってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ