水のトラブルで困るウォシュレットの故障

■まずは元栓を止めること

自宅のトイレにウォシュレットがついている家庭も多いでしょう。快適にトイレを使用することができるので便利ですが、ひとたび故障すると水のトラブルとして困ることになります。ウォシュレットがついていないトイレの場合、構造がシンプルなので確認箇所はそれほど多くありません。
しかしウォシュレットのような高機能な設備がついてくると、水漏れなどの水のトラブルが起こった場合に故障している場所を確認できないかもしれません。そこで大事なことは、いったん元栓を閉めることです。そのままにしていると、漏水量が増えてしまいます。水の流れをとりあえず止めれば、それ以上の被害拡大を防止することができます。
そしてもう一つ大事なことは、電化製品ですから電源コードとアース線がつながっていますが、これも速やかに抜いておくことです。こちらも放置していると、感電や発火のリスクがあるためです。漏電も二次災害の要因となりうるので、早めの対策が求められます。
水のトラブルといってもその程度は大小いろいろで、状況によって必要な対応は異なります。しかし自分で修理する場合などは、落ち着いてこれらの作業をまずは行うことが大切です。

■原因箇所の特定

電気と水流をとりあえず止めたところで、具体的にどこで問題が起きているかを確認します。問題の発生個所や原因によって対策も違ってくるからです。見落としがないために、順番に見ていくのがおすすめです。具体的には、止水栓に始まって、給水ホースやノズル、コントローラーや操作パネルをチェックします。さらにジョイント部分の順番で濡れている個所や、床にポタポタ水の落ちている場所はないか確認しましょう。
ウォシュレットの水漏れの原因として、いろいろな要因が考えられます。まずはジョイント部分のパッキンの劣化やボルトの緩みが考えられます。また水量が多すぎて、それを押さえられずに漏れが発生する、内部機器が故障しているなども原因としてあり得ます。さらには本体そのものが経年劣化で寿命が来ている可能性も考えられます。
トイレの水のトラブルの中でも寿命による老朽化が原因になっているものは比較的多いです。この場合は交換しなければなりません。メーカーや機種によっても違ってきますが、たいていのモデルは7年から10年が耐用年数といわれています。もし設置してこれくらいの期間が経過している場合、そろそろ交換のタイミングと考えるべきです。今回修理できても、またすぐに別の場所で問題が起きるかもしれません。またメーカーサポートが終了していたり、パーツを交換したくてもその替えの部品の生産が終了していたりすることもあるので、10年以上経過した機種を使い続けていて、不具合で困るのであれば交換して対処するのが賢明です。
箇所によっては修理が不要なケースもあります。具体的にはノズル部分から水がちょろちょろ出ているようなケースです。もししばらく水が出て自動的に止まるようであれば、ノズルの洗浄を自動的に行っているためで、これはルーティーンの機能ですから故障ではありません。自然に止まるのであれば、正常に機能していると結論付けられます。

■自分で対応できる部分もある
接続部分の緩みによって漏れが発生している場合、ナットやボルトを締めなおすことによって問題解決できるかもしれません。特にウォシュレット本体の外側で水漏れが発生している場合、このジョイント部のゆるみであることが多いです。モンキーレンチやスパナなどが自宅にあれば、すぐに修理できます。この時注意しなければならないのは、きつく締めすぎないようにすることです。強く締めてしまうと、配管を圧迫して破損する原因になる可能性があるからです。徐々にダメージが広がると、最悪破裂することもあり得ます。自分で締めなおす場合には少しずつ回しながら様子を見て力を加減しましょう。
バルブやナットは長いこといじらずにそのまま放置しているケースが多くあります。この場合、汚れが溜まっていたり、錆び付いてしまっていることもあり得ます。すると工具で動かそうと思っても、全く動かないことがあります。この場合には、その部分を一度洗ってみることです。汚れやさびなどをふき取れば、スムーズに動くかもしれません。これでもダメな場合にはホームセンターなどで潤滑剤が販売されているので、これを着けて回してみることです。潤滑剤を使用する際には、浸透タイプのものを使用しましょう。
しかし中には原因箇所を特定できなかったり、わかったけれどもどう修理すればいいかわからないということもあります。その場合には速やかにプロの修理業者に連絡したほうがいいです。レアケースではありますが、ウォシュレットを設置して間もないにもかかわらず水のトラブルの起きて困ることもあります。その場合にはメーカーに相談してみるといいでしょう。保証期間が残っていれば、無償で修理や交換をしてくれるからです。そのほかには設置を担当した業者に連絡するのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ