水のトラブルで意外と困る元栓の劣化の対処法

■劣化した元栓を放置するとどう困る?

水のトラブルで困るのが元栓の劣化問題です。水道管の元栓はもちろん、常時しっかりと締まっているのが普通ですが、5年、10年と言うスパンで使用しているうちにどうしても劣化が進み、時間をかけて摩耗することによって水をせき止めるという機能を果たすことができなくなります。
劣化した状態の元栓をそのままケアすることなく放置していると、当然のことながら水が際限なく流れることになり、キッチンの場合には床材が腐敗したり、トイレの場合には水があふれたりします。
元栓の劣化など、水のトラブルを発見した場合には業者へ連絡するのが正しいプロセスです。業者に相談すれば何とかなると考えている方も多いかもしれませんが、連絡したからといって必ずしもすぐに業者が対処できるとはかぎりません。したがって、トラブルの初期段階においてはまず初歩的なケアを行い、水漏れによる被害を最小限におさえることが先決ですたとえば、洗面台の下のフローリングに防水シートなどを強いておくだけでもその後の処理がかなり楽になります。
蛇口からの漏水がひどい場合には、業者を呼ぶ前に自分で蛇口や接合部分を分解し、内部のパーツを調整するのも一つの方法です。つなぎ目部分のパッキンを締め直すだけでも蛇口全体の強度がある程度回復する場合があります。
ただ、セルフメンテナンスだけでは修復しきれない劣化や破損もありますので、応急処置だけで安心せず、その後は必ず専門業者に連絡しましょう。
業者の到着をただ待っているだけでなく、家庭でできる応急処置を講じることによってトラブルによる被害を最小限に食い止めることができます。
トラブルの応急処置としては、まず元栓をできるかぎり閉め直すことが肝心で、どうしても漏水がとまらない場合には床にタオルなどを敷き、漏れた水によってフローリングの腐敗が進まないようにする、などの対処法が挙げられます。

■元栓と止水栓は違う?水のトラブルの基礎知識

水まわりのトラブルにあまり慣れていない方は、水道管といえば元のほうを締めれば問題ないと考えている方も少なくないかもしれませんが、水道管にはもうひとつ止水栓があり、このふたつが両方ともしっかりと機能していなければ水漏れを防ぐことができません。このふたつの違いは端的に言えば、水道管全体を締める機能と一部の区間に限定して水の流れを調整する機能の違い、ということになり、どちらか一方が劣化してもいずれ水のトラブルにつながってしまいます。
業者に修繕を依頼する際にもふたつの違いをしっかりと理解しておくことが重要で、同じ水漏れでも水漏れが起きている箇所が違えば修繕方法も異なり、また、電話相談の段階できちんと、トラブルの内容、起きている場所、問題が起きてからの期間などを正確に伝える必要があります。電話をかける前段階で伝えるべき情報を箇条書きでまとめておくと良いでしょう。

■元栓以外のトラブルは?
一般家庭でも水のトラブルは多く、部品の劣化以外にもさまざまなトラブルが考えられます。
水まわりで考えられるオーソドックスなトラブルとしては、水道管の破損が挙げられます。水道管も広い意味では消耗品であり、経年劣化によって日々の負担が部品に積み重なり、水道管の内部に亀裂が入ったり、水道管が大きく分断されたりして、水の流れが正常に制御できなくなることが考えられます。
水道管は普段直接目に触れにくい部分であり、少々の破損や不具合が生じていてもプロでなければなかなかすぐには気づきにくい、という特徴があります。一般家庭では、毎月一定している水道代がある時期から急激に上昇することによって水道管の異常に気づく、というケースがよく見られますが、水道代が上昇した段階では内部の破損が相当に進んでいる可能性がありますので、日頃からできるかぎりこまめに内部のメンテナンスを行い、取り返しのつかないトラブルにつながる前にきちんと対処しましょう。水道管の破損を長期間にわたって放置しつづけていると、ある日突然水道管が破裂するなどの重大事故に発展しかねませんので、軽微な異常のうちからしっかりとケアしておくことが肝要です。
とはいえ、複雑な構造をもつ水道管を細かい部分まできちんとメンテナンスをするのはプロでなければきわめて難しく、素人が中途半端にメンテナンスを行うとかえって水道管に傷をつけ、トラブルのリスクを高めてしまう可能性があります。
水道管のメンテナンスを専門の業者に依頼する際のポイントは第一に、業者を入念にピックアップすることです。ネット上の比較サイトなどであらかじめ業者の専門分野をリサーチしておき、業者とスムーズに交渉を進められるようにしておきましょう。業者ごとのクチコミを整理することも有効かもしれません。
業者に対するクチコミも大切なチェックポイントで、自分にとって使いやすい比較サイトを見つけることも必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ