給湯器が凍結した水のトラブルで適切な対処法とは

■水道配管部分が凍結する

給湯器には凍結防止機能が備わっているため、寒波がやってきても凍結をすることはほぼありません。自動ポンプ運転は、気温が5℃以下となった場合に、浴槽の水が循環口のよりも水位が高いときに作動します。しかし、水道配管部分の凍結防止には効果がありません。給湯回路に装備されているヒーターも同様です。滅多に凍結することはないものの、本体配管や追い炊き配管、給湯配管、そして水道配管で起こる可能性はあります。温めてもとに戻ることもあれば、修理や交換が必要となって多額の費用がかかる場合もあります。
さらに、製造終了から10年以上経っている場合は交換できる部品の供給が終わってしまい、修理ができない場合もあります。多くの場合で水道配管が凍結してしまうことも覚えておいた方がよいでしょう。配管が破裂したり、部品に水がかかって漏電したりといった問題になった場合には、修理や交換が必要になります。大きな水のトラブルにつながる可能性があるからこそ、迅速な対応を心がけたいものです。
特に気温が低い地域に在住している方は、注意した方がよいでしょう。寒い時期に限定しためったに起こることではないものの、起こり得る可能性を考えて備えておくことが大切です。もしも給湯器が凍結した場合には、どういった対応が必要であるか、知識を持っているといざという時に役に立ちます。水漏れチェックをしたうえで、自然に溶けるのを待った方がよい場合もあります。状況に応じて適切なアプローチは異なるものです。

■給湯器が凍結!適切な対処法について

対策をしていても、給湯器の凍結が起こることがあります。その場合は、まず運転スイッチを切るようにしましょう。水のトラブルが起こる可能性がある場合はまず被害を最小限に抑えることを意識すべきです。次に自然に溶けるかどうかを待ってみるのがよいでしょう。熱湯などのお湯をかけて、強制的に溶かすことはおすすめできません。機器の故障につながる原因になりかねません。トーチやドライヤーを使う場合においても同様です。
そして、給湯器本体から水漏れをしていないかの確認もしないといけません。水漏れをしている場合に漏電を引き起こすこともあります。給水栓を閉じて修理をすることを念頭におきます。もちろん、給水栓を閉じるのはあくまでも応急処置であり、根本的な解決とはなりません。同じことが起こらないようにするには、根本的な解決を図る必要があります。応急処置を自分で行ったあとは、それぞれの原因に対して適切なアプローチをしていく必要があります。自分の力だけで適切なアプローチをしていくのは難しいです。修理をするにしても、簡単な部品交換で済むかどうかの問題があります。さらに、修理をする場合に、同じ部品を購入する必要があります。ホームセンターなどで購入できる場合もあれば、生産が終了して購入できない場合もあります。
本当に修理で対応できるかどうかの問題もあるため、確実性を考えるのなら新しいものに交換をした方がよいでしょう。保証期間内であっても有償での対応とはなるケースもありますが、先々のことを考えるのなら思い切って交換した方が良いでしょう。消耗品を使っている以上、いつかは交換することになります。適切なタイミングと判断した場合は、視野に入れた方がよいでしょう。

■給湯器の交換が必要となる
水のトラブルのなかでも給湯器の凍結によって配管が破裂した場合、交換が必要となることを覚えておいた方がよいでしょう。破裂してしまっているため、修理では対応できない場合がほとんどです。交換をする場合で気になる要素となるのはやはりどれぐらいの費用がかかるかです。
給湯器本体を購入する場合、価格には幅があります。費用が高くなるほど機能が充実しているものが多いです。基本的には現状と同じ種類のものを選択すれば問題ないでしょう。従来型の場合は本体価格が安く、初期費用を抑えられるのがセールスポイントです。
エコジョーズの場合は、本体価格が高くてランニングコストが安いです。どの給湯器を選択するにしても一長一短あります。売れ筋商品から選ぶのも、最安値の商品から選ぶのも良いでしょう。修理をする可能性も考えると、まずは専門業者に依頼して対応を考えるべきです。交換する場合においてどういった商品があるかについてもしっかり教えてくれるでしょう。そのときの経済的負担のみならず、先々の経済的負担まで考えての対応が望ましいです。
長年使用した給湯器が凍結して故障したときは、交換のタイミングと言えます。最適な機種を選択したうえでの交換をすれば、後に後悔することも少なくなります。専門業者に依頼しての対応であれば、それぞれの機種による違いを教えてくれるので、正確に把握できます。交換をきっかけに、機能をグレードアップすることも可能です。安くはない買い物となるからこそ、本当に選択すべきかを考えないといけません。どんな機能を重視しての選択をするかも重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ