困るトイレのつまりで流れない水のトラブル

■トイレでつまってしまう水のトラブル

トイレがなにかの原因でつまって使えなくなれば、生活に大きな影響を与えます。家庭内の設備を見渡したときに、1日複数回、必ず利用する設備がトイレです。自宅にいなくても、外出先で利用する機会も多いでしょう。トイレのつまりは、流れが悪いことでも起きてきます。水のトラブルを発生させる前に、困る状態にならないようにしましょう。
原因としておきやすいのが、水量不足です。トイレは構造的に、汚物を流すためにはどの程度の水量が必要なのか考えて設計されています。設計された水量が得られない状況になれば、当然汚物は流れることなく残り、つまり始める可能性が高まります。通常はこうした状況にならないように設計されているので、適切な量の水が流れます。しかし中には、節約や節水を目的としてタンク内に水を入れたペットボトルを入れている家庭があります。ペットボトルを投入した分だけタンクの水は少なくなりますが、汚物を流す力も相対的に減るため、便器内でつまる原因を作ります。節約を目的として行っていても、修理に思わぬ出費が発生すれば、水道代の節約の意味がなくなるので注意が必要です。
物理的に何かがつまり、水が流れなくなるのもよくある困る水のトラブルです。よくある状態が、ティッシュペーパーを使用してしまいつまるケースです。トイレットペーパーが切れて代用することが大きな原因ですが、紙の性質が違うことを忘れてはいけません。トイレットペーパーは水溶性の性質があり、トイレに流しても、排水管内でつまらないように設計されている紙です。ティッシュペーパーは、溶けずに固まり配管内でつまることが考えられるため、代替えとして使えない素材です。
ほかにもスマートフォンを落とすケースもありますし、空間内にいろいろな小物をおいて飾り付けていたものが落下してつまりを起こす場合も考えられます。子供がおもちゃを持ち込み、誤って落としてつまらせる場合も珍しくありません。困る状態になることを想定して、できるだけ異物は持ち込まないというのが予防の重要ポイントです。

■タンクの水位を元に戻す方法

ペットボトルなどをタンク内に入れていない状況でも、水量不足になっている場合があります。タンクの中をみると、水量を一定に保つ仕組みになっています。この機能が狂うと、貯められている水の量に変化が出ます。タンクのふたを外してみると、内部がどうなっているのかわかりますが、まずは上部にある手洗いにつながる管を外して調べなければいけません。
内部をのぞくと水面が見えますが、水中から管が伸びているのを見つけることができます。この管をオーバーフロー管と呼びますが、水を貯めたときに必要以上になり、あふれたりするのを防止するための大事な装置です。オーバーフロー管の上端から3cm程度下の辺りが水面になるように調節されています。WLと書かれている場合もありますが、これはウォーターレベルであり、1cm下あたりに水面がくるのが正しい量です。この水量が明らかに下がっている場合、流れる量が足りないことからつまりの原因になってしまう可能性が出てきます。
水位の調整方法には種類によって違います。もっとも容易にできるのは水位調節リングが取り付けられている製品です。このリングは給水弁のところにありますが、ギザギザがついているため判別がつきます。まわすと水位を調節できますが、水量を見ながらまわしてみれば確実に調節できます。ない場合には、浮き球の位置を調整することで、バルブの開閉タイミングを変えられるため、長くなるように調節すると不足分を解消できます。この方法の場合には、微妙な調整が難しいため、現在どのぐらいたまっているのか見ながら合わせていかなければいけません。

■つまった原因の部分をなおして流れるようにする方法
トイレに流れないものがつまったときには、具体的に取り除けるかどうかが重要ですが、すぐに取り除けるとは限りません。目視できないところになれば、状況の確認すらできません。ティッシュペーパーなどがつまってしまった場合、すっぽんとも呼ばれているラバーカップを使う方法があります。ゴムでできており、空気の力を利用しています。便器の中に水が多いとあふれ出す可能性があるため、水を減らすか取り除いてから使います。押し込んで圧力をかけて引くとつまっているものも引っ張りだすことができます。ゴムの先を便器の底にある排出口にぴったりとあてて、シャフト部分をもって押し込みます。押し込んだら、勢いをつけて引っ張ります。何回か同じ動作を繰り返しているうちに詰まって固まったものが緩み一気に流れ出してきます。それでも動かないときには、別の方法を使い直接除去することになります。
専門業者であれば、いくつかの方法を持っています。家庭ではできないやり方もあるため、解決できないときには修理してもらうのが確実です。業者の持っている専門的なノウハウを利用することによって時間をかけずに早急に困る水のトラブルを解決することができます。早めに決断して使えるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ