困る水のトラブルの中でもつまりで流れないとき

■見える異物は手で取り除く

水のトラブルにもいろいろとありますが、困るのが流れなくなる状況です。配管の中でなにかがつまり、水が流れなくなる場合があります。この状況を解決するのは、異物を取り除くしかありません。
取り除く方法はいろいろとあります。見えている場所でつまっているなら、手で取り除いてしまうのが簡単です。物理的に除去できるのであれば、これだけで解決します。よくある例として、バスルームの排水口にものが落ちて入りこんだり、トイレで携帯電話や置物などが落ちてはまり込むケースです。
落ちたものの中でも、そのまま流れていってつまってしまうケースはもっと深刻な状態になります。配管は常に直線だけで構成されているわけではなく、曲線部分もあります。まっすぐ流れていくのではなく、曲線部分ではまってしまえば、なかなか取り除けなくなります。どこでつまっているのかわからない状況も多く、解決するためには大変手間取ります。溶解するようなものであれば方法もありますが、溶けないのであれば配管を取り外して内部の異物を取り除くといった対処が必要です。トイレなどでは大量のトイレットペーパーを流してつまることがありますが、時間とともに水に溶ける可能性もあり、そのまま待っているだけで解決できる場合も少なくありません。ただし、これがティッシュペーパーになると、水に溶ける性質を持っていません。待っていたとしても、内部で解けて解決するような状況を期待できないため、除去する方法をとらなければいけなくなります。

■汚れが付着して流れない

配管をつまらせるような困る水のトラブルには、使っている間に汚れが堆積していくパターンも少なくありません。台所などでは、油ものを洗ったりしますが、これが配管内に堆積してしまい、やがて水も流れない状況を作る可能性があります。しかしながら、油汚れを一切洗わないといった使い方はできません。てんぷらなどで使った油を流さないのは当たり前ですが、汚れを洗い流す以上、一定量は混入していきます。この汚れが配管に付着してしまうのが、つまりの問題点です。最初はほんのわずかですが、配管に混入して冷えていくとだんだんと大きく固まります。ほかの汚れなどを巻き込みながら、徐々に大きな塊となり、やがて水が流れにくくなるのです。こうなる前に対処しなければいけませんが、配管内をのぞくわけにはいきません。見える部分であれば対処できますが、ほとんどは見えない部分で固まります。
油汚れとして、温度を上げてあげれば流動化してたまらなくなるため、塩ビ管が変形したりしない温度のお湯を流してメンテナンスする方法が有効です。50度前後のお湯を使いますが、これ以上高めると、配管にダメージを与えてしまう場合も出てきますので注意しましょう。温度が高くなると、配管も膨張してしまい、接続部分で緩みを作る原因になります。さらに配管自体も膨張し収縮する過程を繰り返すことでもろくもなるため、熱湯を流してはいけません。
シンクを洗うついでにこの作業をしておけば、油汚れの問題を回避しやすくなります。ただし、すべての汚れが落ちるわけではありません。もっと深刻な状況となれば、これでは対処できないため、普段からこまめな手入れを心掛けましょう。

■洗浄剤を使う際の注意点
洗浄剤を使って配管の困る状況を解決するのは、効果的な手法です。水のトラブルとしてプロに依頼しても、専用の薬剤を使う方法がありますが、つまりの状況によっては使えないときがあります。完全につまってしまっている状況で薬剤を流しても、溶解した異物は流れ出す場所がありません。あくまでもどこかに流れる場所がある状況の中で使わなければ、効果をあげられないからです。また、つまり始めている場合でも、溶かした異物が流れ込んでしまい、余計に流れない状況を作ることも考えられますので、日常の定期メンテナンスとして、使うのが大切です。
洗浄剤を使うときには、換気をします。家庭用とは言えど化学変化を起こす可能性があることを忘れてはいけません。
いろいろな薬剤を使いますが、塩素系を利用するときには、クエン酸やお酢、アルコールといったものも危険です。キッチンなどでは食塩も危険な物質のひとつで混ざらないようにします。混ぜたときは、塩素ガスが発生するかもしれないので注意しましょう。次亜塩素酸ナトリウムが反応し、強烈な塩素ガスを発生させる可能性があるため、絶対に混ぜてはいけません。強烈な刺激臭を持つ塩素ガスは、吸い込むだけで体内組織にダメージを与え破壊します。塩素中毒を起こせば、命が危険な状況に陥る可能性もあるため、混ぜるな危険と表示してあるものは特に気をつけなければいけません。
なにかが残っており、ガスが発生する可能性もゼロではないため、必ず換気をすると共に、もしも身体の異常を覚えたときには、病院で診察を受けましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ