困る水のトラブルが起きたときの部品交換

■水のトラブルが起きたときには

困る水のトラブルには、種類があります。パーツを取り換えれば直る場合もあれば、DIYの知識があれば修理できる範囲のものもあり、すべてが難しいわけではありません。水漏れが発生したときには、まずは設備を使わないようにします。給水管でも排水管でも水のトラブルが発生したときには、水が流れない状態を作るのが重要です。給水管は、浄水管から圧力をかけて圧送されてくるため、まずは供給を止めなければいけません。
基本は止水栓を閉めると水は止まります。止水栓に問題がある場合や、そもそも取り付けられていないお風呂場のような場所なら、元栓を閉じることで対応できます。普段からどこにあるのかを確認しておけば焦る必要もありません。閉めるためにどんな道具が必要なのか、本当に回せるのか調べておくといいでしょう。
排水管のトラブルの場合も水を使用しないようにします。水を使わなければ、水漏れが拡大することはありません。応急処置としては、給水管に関する部分にテープなどの専用の補修材を巻く方法があります。シリコンなどで作られている補修テープがいろいろと出てきており、配管に巻き付けるだけで一時的な補修ができます。水圧に耐えられるのなら、応急的な処置として利用できますが、圧力に耐えきれなければ吹き出してしまいます。恒久的な補修とは違いますが、かなり便利に使えるものが出回ってきています。取り扱いが特殊な場合もあるので、きちんと取扱説明書に沿って使用しましょう。水のトラブルが起きた場合は、他の部分も劣化している可能性があるため、専門の業者に見てもらうことも大切です。いずれは新しくしなければいけないことも忘れてはいけません。

■止水栓のトラブル

家庭にも各種水回りの設備がありますが、止水栓があれば修理も交換も素早く安全におこなえます。元栓を閉めようとすれば、その場に移動して閉めなければならず大変です。たいがいの場合には屋外に設置されている水道の使用量を計るメーターとセットになっています。玄関を出て目の前にあればまだしも、集合住宅のように別の場所にほかの部屋と合わせて設置されている場合もあるため、いちいち行き来しなければいけないことも出てきます。
この止水栓は、とても便利ですが、接続部品の一つであることも忘れてはいけません。隙間ができれば、当然水のトラブルを起こします。いざというときに閉める場所であるだけに、壊れてしまえば大変困るトラブルになります。構造によっても違いますが、パッキンも使われていますし、閉めるためのスクリュー部分から漏れだす場合もあります。水に含まれている成分が固着するといった例もあります。白くなって固まっている状態になると簡単には栓が閉まりません。
止水栓はマイナスドライバーで閉めるものもありますし、ハンドルがついていて工具がいらないこともありますが、無理に動かすと破損してしまうことがあるります。止水栓から漏れてきたときには、閉めても機能せず、水道からの供給を止められない状態となり、修理もままならないため、元栓を閉めて対応します。
修理の方法としては、状況にもよりますが、止水栓自体を交換する場合もあります。パイプレンチなどを使って外すこともできますが、かなりの力が加わることになり、ネジなども壊れないように対応しなくてはなりません。専門の道具やノウハウを持っている専門業者に依頼した方が安全で確実です。

■部品の交換も難易度がある
水のトラブルでは、さまざまな部品を交換することがあります。トラブルのほとんどが、パーツの異常や劣化であり、新品に取り換えれば元通りの状態に戻るからです。交換は簡単で容易にできる場所と、難しく専門知識が必要な場所があります。
修理の中で簡単な例は蛇口のパッキンなどが挙げられます。水回りの部材としては細かな部品も使われており、複雑な面も持っていますが、ハンドル部分から解体すれば順番に並んでいるため、外しても元に戻しやすい構造です。パッキンやコマなどの消耗品は、ホームセンターや通販でも手に入るものが多いので、素人でも対応しやすくなっています。
ところが、水道の配管などになると、これは簡単ではなくなります。いったん解体して交換するとなれば、ぴったりのサイズを見つける必要があります。規格品として販売されているものであれば、そのまま交換もできますが、加工品となるとそうはいきません。専用の道具も必要で素人ではそろえるだけでもかなりの出費が必要です。それも配管専用となれば、ほかに使い道のないものも出てきます。確実な交換も必要なので、専門業者に依頼して対応してもらった方がいいでしょう。メンテナンスについての相談もできるので、その後故障するリスクを低くすることができます。
水回りは確実に使えることが求められます。少しでも漏れると、別の困る問題も引き起こすからです。単に交換するだけでなく、他の部分も慎重にチェックすることが大切なので、不安が残るなら依頼した方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ