困る水のトラブルが起きたときには管理会社へ

■集合住宅では管理会社に依頼

水のトラブルが起きて修理が必要になった場合、だれが対応しなければいけないのか、責任を持つ人をはっきりしなければいけません。自分の持ち家であれば、修理するのは自分です。賃貸物件の場合には、場所によっては管理会社が責任を持ちます。分譲マンションのときには、共用スペースにあたるのかどうかが判断の分かれ目です。
集合住宅で生活している場合、水のトラブルは大きな問題につながります。隣や下の部屋に流れ込めば、損害が出る可能性があるでしょう。その損害は、水漏れが起きた原因の責任者に追及されます。その水漏れがなければ、損害は発生していないからです。当たり前のことに思えますが、法律上この解釈が重要で、発生した原因や場所によっては賠償の責任を問われることがあり、その金額が驚くほどになるケースもあります。
集合住宅でも被害を広げないためには、水を止めなければいけません。排水管なら、水を使用しなけば水も流れません。水道管の場合には、そのままでは止められないため、止水栓や元栓を閉める必要があります。そのあと管理会社に連絡し、修理の手配をしてもらうというのが一連の流れです。
困る状況ではありますが、自分で修理業者などを手配する必要はありません。これは物件の管理をしている会社の責任であり、設備なども管理責任がないためです。現在では、水のトラブルは大きな被害に繋がる可能性があるため、24時間対応などもしているところも増えました。管理会社が提携している業者などがあるケースも存在するため、連絡をしたら対応を待つのが一番です。

■責任の所在はどこに

困るのは、管理会社に連絡がつかないケースです。水のトラブルは改善されませんし、対処が必要な状況が迫ってきます。下の階から苦情が出る可能性もありますから、自分で手配する必要も出てくるでしょう。自分で手配する場合、必ず修理完了の報告書を発行してもらいます。修理したことを証明するための手段であり、なにが問題だったのかも、修理の前の調査によってはっきりさせられるからです。
問題は、この費用の負担先です。一般的な解釈なら、貸主に責任があります。賃料を毎月支払っているのは、生活できる環境を提供してもらっているからです。賃貸契約書を確認して、設備の故障はここまで借主の負担とするような特約があったとしても、有効にならないことが多いです。特に大きな損害を発生させた場合、故意になにかをしたという事実がなければ、貸主が負担します。ただ例外はあり、軽微なものに関しては、借主の負担になるケースもあります。例えば、蛇口のパッキンが傷み、交換しなければいけないような状態は軽微なものとして捉えられるでしょう。これが下の階にまで広がるような大きな水のトラブルになることはほとんどないからです。
大きな問題というのは、浴槽が割れて、水が流れ出したような状況です。普段の通り使っていて、特別な行為をしていないのにもかかわらず、配管がパンクして水漏れを起こしたというケースは、貸主の負担になるでしょう。普段の生活の中で使っている限り、費用は請求されませんので必要以上に心配しなくても大丈夫です。

■費用の負担はだれがするのか
管理会社が入っていたとしても、水のトラブルが起きたときに、借主負担になるケースがあります。それは、借主の過失です。
過失とは、借主のうっかりしてしまった状況などです。うっかりした行動をとらなければ問題は起きなかったのだから、この責任は借主が取る必要が出てきます。蛇口のパッキンなどが原因ではなく、単純に締め忘れたことで水が漏れたとしたら、これは借主の責任です。お風呂のお湯があふれ続け、排水が間に合わずに外に流れ出てしまったようなケースも考えられます。
配管にトラブルがあることを知っていたが、そのまま使っていてトラブルになったようなケースも、借主に過失があると認められる可能性があるでしょう。貸主に問題がある状況を伝え、適切に修理していたのであれば、損害を出すようなトラブルにならなかった可能性が出てきます。住居を借りる以上、適切な管理をしながら、問題があれば通知する義務があります。同様に、日常的な手入れも求められますし、管理もしなければいけません。こうした不備があるのなら、責任を問われる可能性があります。
管理会社に連絡しても、費用の支払いを拒否される例もあります。特に自分で手配した場合には、責任の所在をはっきりさせるためにも経年劣化などの原因の追究が必要です。だれに過失があるのか、責任の追及をしたのちに、拒否できない状況を作らなければいけません。話し合いで解決できるのが一番ですが、費用負担してくれないようなときには、弁護士などに相談するほかにも家賃から修理分を控除すると宣言する方法もあります。困る話ではありますが、できることならば、円満な解決ができる方法を模索するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ