困るカビなどの水のトラブルが起きる前に洗濯機の掃除を

■洗濯機を清潔な状態で

日常生活の中で、水回りはとても大切な設備がそろっています。毎日着る服を清潔に維持するためには、洗濯機は欠かせません。コインランドリーを利用する人もいますが、費用や時短を考えればできるだけ家で洗濯できる環境をそろえるのが一番です。
洗濯機も種類があり、ドラム型も増えましたが、縦型もまだまだ人気があります。汚れを落としやすいのはドラム型よりも縦型ですが、汚れが洗濯槽に付着しやすいため、黒カビが出やすい型でもあります。普段から掃除をして問題が発生しないようにしていくことが求められます。
カビを防ぐためには、普段から洗濯槽の中を軽くからぶきをしたりして、水分を残さないことが大切です。ふたの部分は、逆に水で洗ったぞうきんを固く絞ってふき取ることで、困るカビの発生を抑えます。糸くずのフィルターなどは、詰まってしまうと洗濯中も取り除けなくなり、排水に詰まるなど思わぬ水のトラブルを招くため常に掃除しなければいけません。ごみを取り除くだけではなく、一旦外して洗面器やバケツに水を貯めて洗うと効果的です。濡れたまま取り付けると湿度をあげカビの発生を助ける要因となるため、よく乾かしてからセットします。洗濯機に乾燥機能がついていると、カビを抑えられますが、フィルターには糸くずが残ったままになるため、乾燥後に掃除をするときれいに取れるので楽です。
洗剤の投入口もみておく必要があります。洗剤が固着してしまい、うまく落ちないこともありますし、ごみなどがくっついていることも考えられるため、きれいに落とすことがポイントです。お風呂のお湯を使っている場合には、水中ポンプや吸水ホースも点検します。こまめにごみを取り除くとともに、ホースなら洗濯槽を洗浄するときに中に入れて掃除してしまうと簡単です。

■縦型の洗濯槽を掃除する

洗濯層の掃除には、専用のクリーナーがあります。洗濯槽クリーナーとして手軽に入手できるようになりました。簡単に汚れを落とすことができますが、主に酸素系と塩素系があるため注意が必要です。取扱説明書をみると書いてありますが、この二つはそれぞれ違う効果を発揮します。酸素系は汚れを分解するよりも、浮き上がらせることを狙いとしています。剥がた汚れが上がってくるため、柄のついたネットを用意しておけば、ごみを取り除くことができます。塩素系は酸素系とは異なり、分解することを目的としてます。一部は浮き上がってきますが、根本的な部分で違いがあるといえるでしょう。
洗濯層を洗浄する場合には、ぬるま湯を使うのも効果的です。温度をあげることによって効果をあげられますが、40度程度で十分です。洗濯機によっては、掃除専用のコースがある場合もあります。洗濯機の取扱説明書をよく確認しながら使用します。コースが設定されていない場合も困る必要はなく、普段使っている洗濯機能で大丈夫です。最大水量で洗いますが、脱水はしません。つけ起き時間はだいたい2時間程度で、クリーナーの指示に従えばきれいにできます。実際につけ起きしておくだけで、かなりの汚れと糸くずが浮き上がるため、そのままにせずにネットなどですくい取り除去してしまうのが基本です。あとはすすぎをして脱水して、フィルターにたまったごみをとれば、洗濯槽の洗浄は終わります。

■ドラム型は空運転がポイント
ドラム型の場合、ダクト内の汚れを先に取るのがポイントです。パイプに汚れが張り付くため、一定期間ごとに毛先の柔らかいブラシで取り除いておきます。これで乾燥機能にも影響が出にくくなります。内部は外から見えないため、汚れの溜まる場所などは覚えておく必要があります。注意として、掃除をしたら空運転をしないとダクト内に残ったほこりが宙に浮きます。空運転をすることで、フィルターに集めなおせるため、掃除をしたら動かすことが大切です。
ドラム型の場合、洗濯槽クリーナーは塩素系を使ったほうが効果的です。酸素系の洗浄剤を使ってもすくい取れないためです。つけおきもしますが、縦型とは形状が異なるため、一定時間ごとに回転させなければいけません。大量のお湯を入れたほうが確実に見えますが、汚れを取りのがす原因となります。適量の水位にして洗浄することが必要です。縦型と同様に洗浄専用のコースがついていることが多く、つけおきも自動的にできます。ドラム式の場合にも、汚れが浮き上がっている場合にはすくい取ってしまうのがポイントです。そのままにして排水すると、排水管の中にたまってしまいます。水のトラブルを誘発することになるため、洗浄する意味も薄れますので、確実に取り除いて綺麗にしましょう。
縦型もドラム型も粉末の洗浄剤は、溶けきらない場合が問題です。そのまま使うと溶けずに残ってしまい排水してしまう場合が出てくるため、一回溶かしてから利用すれば、失敗を防げます。
きれいに掃除しながら使用していても、突然のトラブルは起こりえます。そのような時は、専門の業者に依頼するなどして早めの解決を心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ