気づいたら困ることになっていた配管周りの水のトラブル

■水道料金が急に増えていたら修理業者へ連絡を

屋外に埋設されていたり、屋内でも壁などに埋め込まれている配管で水のトラブルが起こってしまった場合、小さなうちはなかなか自覚できる症状がありません。水道局から、異常水量のお知らせという水道の使用量が急激に増えたときに送られて来る紙で、初めて漏水が発覚するという場合もあります。他には、水道水に赤錆が混入したり、水圧が弱くなって漏水に気づくケースもあります。このように、配管のトラブルは気づくのが遅れがちであり、大事に至ってしまうケースが多いと言えます。
少しでも水の出方などに違和感を感じたら、水のトラブルがないか確認することをおすすめします。自分でできる方法としては、まず家中の水道の蛇口を閉めてから水道メーターを確認します。すべての蛇口を閉めているのにメーター内の水の流れを視覚化するパイロットが回転していた場合は、漏水の可能性が高いです。応急処置としてメーターの横にある水道の元栓を閉めて、水道業者に連絡します。処置が遅れれば水道料金が余分にかかるだけでなく、建物の劣化の原因にもなり、集合住宅の場合は階下へ被害が及ぶなど困ることになります。
埋め込まれている配管で起こっている水のトラブルを見つけるのは一般の方では非常に難しいですし、見つけてもDIY感覚では修理できませんので水道業者の方におまかせしましょう。地中に埋め込まれた配管が金属製の場合、樹脂製のタイプに交換してもらうとその後の寿命が長くなりますので、水道業者の方に相談してみるといいでしょう。

■露出している配管の場合はテープで補修

露出している配管から漏水している場合、応急処置によって被害の拡大を抑えることも可能です。水のトラブルで水道業者を呼ぼうとしても、営業時間外だったり業者がお休みだったりと急に来れない場合がありますので、困る事態を少しでも抑えるために、応急処置の方法を覚えておきましょう。
きれいな水が漏れている場合は、給水管が原因と考えられます。その場合はまず水の元栓を閉めてください。その後、ホームセンターなどで販売されている配管補修用のテープを何重にもきつく巻きます。水のトラブルの際には便利なものですので、予め常備しておくと良いでしょう。水に濡らしてから巻きつけるものや、そのまま巻きつけるものなどがありますので、使いやすい方を用意してください。ただし、あくまでもこれは応急処置で完璧に対応できるとは限りませんので、漏水箇所にバケツなど水を受けるものを用意してください。
一方、汚い水が漏れている場合は排水管が原因です。この場合、使用したときだけ漏れる状態となります。そのため、まずその水道を使用している設備の使用をやめて、水漏れが収まるまで待ちましょう。その後漏れた水をきれいに拭いてから、給水管のときと同じように配管補修用のテープをきつく巻いて漏水を止めます。
補修テープには色々種類がありますので、購入する際は値段だけでなく、どの程度の水漏れにまで対処可能か、粘着剤を使用しているかなども考慮して選んでください。補修テープによってはじんわりにじむ程度の漏水しか対処できないものもありますので注意しましょう。

■水漏れが起きた場合にまずはやるべき事
水のトラブルのうち、漏水が占める割合は、ある水道局の調査によると約22%と少なくありません。そのため、予め漏水が起こったときに何をすればよいか知っておくと、その後の対処や水道業者を呼んだときに説明に困ることがなくなります。
まず、漏水を発見したら、その配管につながる止水栓を止めます。これは原因を究明するためだけでなく、水道代の高騰や、食洗機やウォシュレットを使用していた場合における感電の危険を防ぐためです。次に、接続部分に緩みがないかチェックします。水のトラブルの原因として、地震直後の場合などは、部品などの緩みが確認されるケースがあります。その場合は緩んでいる箇所を締め直せば直るケースが多いです。単純に水の勢いが強すぎて漏水するケースもありますので、止水栓を閉めたあと、徐々に開けていって状態を確認してください。
排水管の詰まりによって水が逆流して漏れているケースもあります。配管の緩みや破損が見られない場合は一度掃除してみてください。取り外しができる箇所でしたら取り外して中も確認しましょう。緩みもつまりもなく蛇口から漏水している場合は、パッキン類の劣化が考えられます。パッキン類はホームセンターで買えますので自力でも修理が可能ですが、DIYに自信がなければ水道業者にお願いすることをおすすめします。
このいずれも当てはまらない場合は一番困るケースで、配管自体が破損している可能性が考えられます。また、混合水栓など複雑な水栓の場合10年以上経過したものは部品が劣化し、メーカーに部品在庫がない場合もあります。そういった場合は速やかに水道業者を呼んで破損箇所を交換してもらってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ