家庭での水のトラブルで困るつまりの改善方法

■水のトラブルの中で非常に困るつまりの原因とは

私たちが日常生活を送る上で、一番重要な要素を占める水は、ライフラインのかなめでもあります。水が利用できなければ、飲み水が不足し料理も出来ず、その日のうちに生活に支障が出てしまいます。日本は、世界でも数少ない飲み水として利用できる水が蛇口から簡単に入手できる国ですので、つい有り難みが希薄になりがちです。家庭の水のトラブルの中で、困るのは水道管の水漏れよりもつまりです。
私たちは、常日ごろから自由に水を利用してきましたが、お風呂や洗面所あるいは洗濯やトイレなど、そのほぼすべてが飲料水としての目的ではなく、洗浄用の生活水として利用している場合です。その為、断水よりも排水の不便さが、生活に直接影響を与えます。というのも、水周りの箇所は、部屋のレイアウトによってそれぞれ違い、排水管もそれぞれ個別に設置されています。しかし、排水管は最終的には下水管へとつながっている為、詰まりが下水管まで生じてしまえば、家全体の排水が利用できなくなってしまうからです。
この詰まりの原因となるものは、お風呂や洗面所の場合、髪の毛や皮脂・石鹸カスが固まり、排水口や配水管を詰まらせてしまいます。トイレの場合は、トイレットペーパー以外の水に溶けない紙を流すと、つまりの原因となります。台所のつまりの原因は、油や食べ物のかすを直接シンクに流したり、誤って竹串などを流してしまうとパイプの中でひっかかってしまい、それが詰まりの原因となります。一般的なご家庭の排水管は、握りこぶし程度の大きさしかありませんので、長年の汚れやゴミなどによって、詰まりやすくなっています。

■つまりにより水漏れが生じてしまう時の対応策

現代の日本では、特別な災害や少雨による水不足が起こらなければ、水の心配をすることはまずありえません。しかし、それだけに水の有り難みが薄れてきているのも事実です。さらに、希薄なのが排水の問題で、汚水を考えなしに流してしまうと、生活環境にも問題が生じてしまう恐れがあります。水のトラブルの中で、きれいな浄水管による水漏れより生活に影響が出るのは、排水管につまりが生じてしまうことです。排水管が詰まってしまえば、入浴やトイレに支障をきたすばかりか、食事や洗濯も行えなくなってしまいます。
また、さらに困るのは、排水管の詰まりが原因で生じてしまう漏水の問題です。排水管内の水は、使用後の汚水であることが多く、それがトイレの水であれば周囲に臭気をまき散らすことにもなります。トイレの汚水は、大腸菌などが含まれますので、被害が拡大すれば食中毒による身体的被害にも及びます。また、流れ出た汚水は、いやな臭気を発生させ、室内にある衣服やお布団などに染み付き、日常生活にも支障が出てしまいます。さらに怖いのが、湿気による様々なトラブルです。
過剰な湿気は、カビやダニなどの大量発生を招き、部屋の壁紙などにも影響を与えます。こうした水漏れを拡散させないためにも、まずはバケツと雑巾を用意し、こぼれ出た水分を拭きあげるのが適切な応急処置です。この時、健康被害を考慮し、手袋とマスクを装着して作業に当たりましょう。そして、詰まった個所の応急処置として、使用禁止の措置をとりますが、家族にも分かりやすいよう紙を張っておくとよいでしょう。

■家庭でできる配水管のつまり予防策
排水管が詰まってしまい困るのは、家庭内での排水が一切利用できなくなってしまうことです。最近の水周り専門業者は、年中無休で24時間対応してくれるところも多くなってきましたが、連休や週末あるいは夜間など、どうしても迅速な対応が期待できないこともあります。しかし、家庭内の排水管によるつまりのほとんどは、予防策を講じていれば未然に防ぐことができます。日頃からこうしたメンテナンスを行っているご家庭と、全く行っていないご家庭では、詰まりの危険性に差が生じてしまいます。
排水管の洗浄方法として、パイプクリーナーなどは非常に有効な手段となります。クリーナーに含まれている薬剤によってゴミなどが分解され流されますので、詰まり対策には効果的です。お湯を使うことで、さらにその洗浄効果は高まりますが、気をつけておきたいのは、熱湯を流してしまうとかえってパイプや接合部分を痛めることにもなります。劣化が早まってしまい、逆に水漏れの原因となってしまいますので、50度以下のお湯を使用しましょう。
また、場所別による対策として、お風呂場の排水口には網を設置し、髪の毛を流さないことが大切で、台所のシンクなどにはごみ受けを設け、油や食べかすなどを流さないようにしておきましょう。こうした詰まりを回避しておかなければならない場所としてトイレが挙げられます。おむつやティッシュなども、水に溶けにくく詰まりの原因ともなりますので、決して流してはなりません。また最近では、節水型のトイレが増えてきましたが、トイレットペーパーも大量に流さないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ