排水設備で困る水のトラブル事例と適切な対応について

■排水管トラブルの原因を知る

排水管の水のトラブルの原因は、経年劣化による自然発生的なものと、中長期に渡る不適切な使用が原因の、いわゆる人的トラブルのふたつに分けられます。さらには双方が複雑に関係して生じるケースも見られ、そのリスクは設備の新旧を問わず、いずれの施設にも潜んでいます。またトラブルの内容も漏水だけに限らず、排水口からの異臭など、日常生活上困る悪影響が避けられず、継続的な使用に際しては、それらの原因を正しく知り、無用なリスクの回避に意識を向ける必要があります。
常に汚水が流れ続ける管の内部には、異物が堆積しやすい個所の発生が避けられません。錆びや内部の微妙な凹凸にそれらが付着し、体積を少しずつ増して強固となれば、自ずと水が流れる空間が狭くなり、詰まりのリスクが高まります。また屈強な金属製の管も中長期的に使用を続ければ劣化が避けられず、ジョイント部からの水漏れや、亀裂が生じるなど、なんらかの不具合が生じることもあります。
次に人的な原因ですが、こちらは水に溶けない物質を流し続ける習慣が見過ごせません。小さな食べかすやゴミなどを、これぐらいであれば問題ないだろうと流し続けるうちに、排水設備内の随所にダメージを蓄積させてしまう事例は数え切れません。水に溶けない紙を便器内に流す、髪の毛などを浴室の排水溝に流すなど、いずれも水のトラブルに困る状況を、を自ら招く行為の代表例です。無意識のうちにこうした習慣となっているケースも多く、注意が必要です。

■建物や周辺環境への悪影響のリスク

水のトラブルは、使用者が困るだけにとどまらず、建物や周辺環境への悪影響が懸念されるため、その兆候を見過ごしたり放置してはなりません。汚水の漏水は衛生上深刻な問題であり、漏水が染みた箇所の汚損、異臭など、生活環境に深刻なダメージを及ぼし兼ねません。たとえば地中を走る排水管内でこれが長期に亘って生じた場合、地下に汚水が流れ出し続け、付近の花壇や植栽の土を汚染してしまいます。晴天続きにも関わらず、常に特定の個所が不自然に湿っている場合などは地下漏水の可能性が疑われます。
建物内の普段目に触れない箇所の水回り設備の存在は、普段意識が向かないため、劣化に気づかず、深刻な水のトラブルを招いてしまうケースが後を絶ちません。分譲マンションなどの集合住宅では、専門業者による定期点検が実施されている物件もありますが、すべての建物がその限りではありません。漏れた汚水が特定の個所に溜まり続け、限界点を超えたタイミングで一気に噴き出せば、自室内だけでなく隣接する部屋にも被害を生じさせてしまいます。上階の床下の排水が天井から降り注ぐ、壁の内側を通る排水管からの漏水が染み出す、床下に溜まった水が床の隙間から噴き出すなど、さまざまな事例が確認されています。
こうしたトラブルが生じると、修復完了まで使用ができずに困る場面が避けられません。普段何気なく使用し続けている水回りシステムのダウンは、日常生活はもちろんのこと、業務上の不具合は一際大きく、商業施設や生産ラインの稼働を停止せざるを得ないなど、悪しき展開が懸念されます。周辺に被害が及んでしまった場合には、時に賠償問題を含めた複雑なトラブルに進展しないとも限らず、排水設備の水のトラブルは、可能な限り未然に防ぐ姿勢が望まれます。

■迅速かつ的確な問題解決のために
排水関連の水のトラブルは、どれだけ徹底的に予防策を講じたとしても、発生を完全に回避することはできません。ここで大切となるのが、少しでも発生のリスクを抑えるための正しい知識、適切な使用習慣、そして緊急時の初期対応です。誤った知識や判断に基づいた使用や応急処置の結果、修復に時間と費用を要してしまえば、それだけ困る期間と度合いも長くなるため、注意が必要です。
上水道施設とは違い、排水施設は元栓を閉めることによって、漏水を一時的に防ぐ応急処置が基本できません。管内の下水がなくなるまで漏水は続き、一旦生じた詰まりによる逆流に至っては、手の施しようがないのが実情です。ここでポイントとなるのが、水のトラブルの専門業者の活用です。水のトラブルは刻一刻とその状況を変え、正しい初期対応が施されなければ、その被害が甚大となり兼ねない、ハイリスクな一面が潜んでいます。
発生のタイミングを選ばないトラブルだからこそ、こうした場面に遭遇した際に慌てて困ることのないように、緊急連絡先情報を家族あるいは関係者間で、共有しておくことをおすすめします。水のトラブル対応に特化した専門業者であれば、緊急の相談に対し、電話越しに適切なアドバイスをしてくれます。まずは冷静に現状を伝え、指示に従って迅速かつ的確な初期対応に努めてください。

こうした専門業者を探す際には、インターネットの検索機能の活用が有効です。各社の公式ホームページには、自社に関する情報だけでなく、トラブル解決の事例など、予備知識として備えておきたい有益な情報も掲出されています。合わせて確認しておくこともまた、水のトラブルで困るリスク回避に役立ちます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ