排水管による水のトラブルで困るなら原因や対処法を知っておこう

■排水管が壊れる理由とは一体何か

排水管が壊れてしまうような水のトラブルが発生すると、様々な問題が起こりえますが、そもそも何が壊れる原因になるのでしょう。まず、原因の一つは経年による劣化が考えられます。いくら頑丈に作ってあっても、いつまでも使い続けることができるわけではありません。耐用年数は10年から15年ぐらいなので、古い住宅ほど水のトラブルが起こりやすくなります。しかも、排水管の場合、目に見えないところに埋まっていることが多いため、水漏れなどが発生してもわからないことは少なくありません。
次に、地震が発生した時に破損することが考えられます。揺れが激しい地震においては、圧力によりつなぎ目が外れたり、ひびが入って壊れてしまうことがあります。大きな地震だけではなく、揺れが小さい地震が頻繁に起こっても似たような症状になる可能性があります。これを見つけるのは至難のわざですが、例えば、雨が降ったわけでもないのに地面が濡れている場合には水のトラブルが発生している可能性が考えられるでしょう。この時には、一回家庭内の水の流れをすべて止めることが大事になります。もしそれで地面の水がなくなるようならば、どこかで破損している可能性が高いです。
寒い地方にありがちなトラブルの一つですが、排水管が凍結している場合に破損する恐れがあります。水は、通常液体ですが氷点下になると氷になり、体積が増えます。そうすると、内部で膨張してしまい、いつの間にか壊れていることもあるのです。特に、野外などの場合には凍っていることも考えられるでしょう。この時は、タオルを巻き付けるなども対象方法が考えられます。

■配水管が破裂してしまった場合の対処法

排水管が破裂してしまうとさまざまな困ることが考えられます。まず、水浸しになることが一番困ることと言えるでしょう。排水管は建物の床下を通るように設計されている場合が多いため、部屋の中が水浸しになることはあまり多くありません。ただ、床下に水がたまってしまうと、いつの間にかその水がたまった部分が腐ってしまうことが考えられます。特に、6月から7月にかけては気温も25度以上になることが多く湿度が高くなります。そのため、白アリが発生してしまった場合には、駆除をしなければならないため修理とは別の問題が発生してしまうでしょう。このような場合は、急いで駆除業者に駆除をしてもらうと同時に、水漏れ修理の業者にもお願いしてすぐに水漏れを止めてもらうことです。これにより、水のトラブルが原因となり大規模な建物の改修が必要になるケースなど、被害が大きくなることを防ぐことができます。
万が一排水管の破損や水漏れに気づいた場合は、なるべく水を使用しないよう心がけることで被害の拡大を防ぐことができます。破損個所に補修テープを巻き付けておくなど、応急処置的なことができれば問題ありませんが、床下の場合は応急処置をするのも難しいです。水をためて、しばらく水を使わないようにすることで二次災害を防ぐことが可能になります。そして、すぐに業者に依頼することが重要です。業者に依頼すれば、迅速に対応してくれるところが多いでしょう。
一方で、洗面所やキッチンの排水管が壊れている時には、室内が水たまりになってしまう可能性が考えられます。この場合は、水を止めることが重要ですが急いで拭くようにしましょう。常に、雑巾を何枚か家に置いておくことが大事になります。

■事前に防ぐことができる可能性もある
排水管に関しては、トラブルを未然に防げる例もあります。そのうちの一つが、キッチンや洗面所などの音をよく聞くことです。シンクの部分に耳をあてて聞いたことがある人もいるかもしれませんが、耳を近づけてみると、ボコボコと音が聞こえてくることがあります。このような音が聞こえてくるのは、管の中でトラブルが起こっているサインである場合があります。空気の入り口がないために音が発生しますが、この状態では水を下水に流すのが難しくなってしまいます。この場合、通気弁と呼ばれるものを取り付けることにより解決する可能性が高いです。
もう一つは、単純に詰まっていることが原因になります。排水管は、汚れたものを流す部分になるため内側も汚れでいっぱいになっている可能性があります。キッチンならば、油汚れなどがこびりついていることが多いです。それに加えて、食器洗い洗剤が付着していることも考えられます。お風呂場なら、ボディーソープやシャンプーそして髪の毛がその原因になっていることも考えられるわけです。定期的に掃除をしていればよいですが、目に見えない部分のため思わず長期間放置してしまうこともあり得ます。そうすると、つまりが生じてしまいやがて水のトラブルが発生することになるでしょう。
掃除も、毎月1回から2カ月に1回ぐらい行うことで、管の内側をきれいな状態に保つことが可能です。ただ、しばらく掃除をしていないと薬などを投入しても汚れが落ちきらない可能性も出てきますので、やはり定期的に掃除をすることで未然にトラブルを防ぐことができると言えます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ