配管から水のトラブルは困る!症状と修理方法とは?

■つまりは配管の構造が原因になることが多い

水を捨てる配管には圧力がかかっておらず、単純に高い位置から低い位置から流れる仕組みとなっています。悪臭や害虫の侵入を防ぐ目的で、トラップ構造になっているのも特徴です。細くカーブするトラップの中で溶けないものや固まったものがたまってしまうと、それが原因でつまりを起こしてしまいます。
トイレではトイレットペーパーを一度に多く流してしまう、あるいは紙おむつやハンカチなどによってつまりが引き起こされます。トイレに余計なものを持ち込まないようにし、一度に大量に流さないことがつまりの予防において大切です。キッチンでは細かな食べかすを流さないようにし、油分はよくふき取るようにしましょう。屋外に設置されている配管の場合は、落ち葉や泥などが流れ込んでいないかを確認し、清掃に努めるのが肝心です。配管がつまってしまうと、家庭内での排水が利用できなくなります。日々の生活を送るにあたって排水ができないのは非常に困る問題であり、日頃からの予防ときちんとした対処が大切です。
すぐにできる洗浄方法としては、パイプクリーナーを使用することです。たまったごみを溶かし、流すことができるようにします。さらに、50度以下のお湯を使用して洗浄するのも効果的です。これらの簡単な方法でつまりの除去ができない場合は、専門業者に依頼することを考えます。一般の家庭の排水管は、握りこぶし程度の大きさしかないため、汚れやゴミでつまるのは決して珍しくはありません。症状が悪化してしまう前に対応するのが望ましく、水のトラブルは未然に防ぐことを念頭におくべきです。

■配管からの水漏れの際の原因について

配管から水漏れする原因の大半は、設備の劣化や老朽化です。腐食によって穴が開くこともあれば、錆によってつまってしまったり、つなぎ目から漏水することもあります。そして、厄介となるのが部品を交換して対処しても、別の場所が破損してしまうこともある点です。配管にも耐用年数はあり、長年使っている場合には、接続部分の部品などの交換だけでは一時的な問題の解決にしかならない可能性があることも念頭に置いておきましょう。
また、配管には給水管と排水管があり、どちらから水漏れするかによって適切な対処は変わるものです。給水管の場合は水漏れの際に被害が大きくなりやすく、タオルをきつく巻きついて漏水の応急処置をしましょう。さらに、止水栓を閉めて修理をして根本的な解決を図るのが望ましいです。排水管からの水漏れの場合はまず自宅内の水の使用を止めるのが肝心です。正しい処置をしないと被害が拡大してしまう可能性もあります。
これらの応急処置を行うことによって、被害を最小限に抑えることが可能です。専門知識を有する業者でないと水漏れ箇所を特定できないこともあります。壁や床下が濡れている、あるいは下水のような臭いがするといった場合は、これからさらに困る水のトラブルが発生する兆候として捉えます。全てを自分の力だけで修理をするのは難しく、応急処置のみを行って後は専門業者に依頼して対応してもらうのが確実な方法です。水道代が高くなったと判断できる場合はすでに水漏れをしている可能性があります。水道を使い過ぎていないかをチェックし、水道局から水道料金が高騰しているなどの手紙が来ていないかもチェックした方がよいでしょう。

■配管の清掃の方法と注意点
配管を清掃する方法はそう難しくはありません。後々困る水のトラブルを防ぐのに有効な方法です。しかし、業者に依頼しない場合は使用者の手の届く端末及び中継機器の清掃しかできません。排水機器、排水槽、通気配管などの場合は専門技術者でないと清掃できません。薬剤などを使用してトラブルを解消する方法もありますが、完全には解消できていないことも十分に考えられます。使用者ができるのはあくまでも予防を目的として清掃と考えておくと良いでしょう。
専門業者に依頼した場合の機械的洗浄方法として高圧洗浄法、ワイヤ式清掃法、ロッド法、空圧式清掃法があります。化学的な洗浄方法は機械による洗浄方法が適用しにくい場合に用いられ、アルカリ性剤と酸性剤を使用します。一定期間配管の清掃をしていない場合は、まず点検をしたうえで清掃方法を検討するのが重要です。配管の流れが悪いと思ったときはすでに対応しないといけない段階に差し掛かっています。今の段階では何も問題なく水を使用できているにしても、後に困る水のトラブルが発生すると考えるべきです。賃貸物件の場合は管理会社によって定期的に清掃を行っているにしても、一戸建ての場合は独自で行わないといけません。完全に詰まってから清掃をしても遅いときもあります。
さらに、一時的に臭いが消えたとしてもまた同じ症状が出てきた場合はいくら清掃をしても臭いが消えることはありません。清掃以外の対応が必要であるため、まずは専門業者に依頼して点検を行うのが望ましいです。できる限り自分で清掃を行い、そして本格的な清掃は専門業者に依頼するのが確実です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ