冬場に注意したい水のトラブルの給湯器の凍結対策

■給湯器が凍結しやすい箇所と原因

冬場お湯の出る給湯器は欠かすことのできないアイテムです。ところが時折凍結してしまい、お湯が出ないという水のトラブルが起こります。水温が氷点下になってしまうと凍るリスクは高まります。外気温が0度以下になると、給湯器本体から水道管にかけて冷やされるため、その内部の水も凍ってしまうというトラブルが発生します。
しかし0度になったら即凍結するかというとそうではありません。給湯器を使用して、水が流れている状態であれば凍りません。しかし長期間使用していない場合は、水の動きがなくなって凍ってしまう可能性が高くなります。出張や旅行で何日も自宅を空けてしまった時などは発生しやすいです。また夜間急激に冷え込むと、睡眠している間に凍結することはあり得ます。
給湯器で凍結しやすい部分はいくつかあります。最も多いのが、給水管部分です。水の通り道になるので、外気温の影響をダイレクトに受けてしまうからです。保体内部でも起きる恐れはあります。特に給水管との接続部分は金属製のため、冷気によって冷やされます。給湯や追い炊きの配管も、外気には触れているので凍る可能性はありますが、水は温められているので、すぐに氷点下になることはありません。追い炊き部分は凍結防止機能が設けられているので、よほど急激に気温でも低下しない限り凍ることはないでしょう。もし冬場、お湯が出なくなった際には水道管もしくは本体内の配管のどこかで問題が起きていると疑ってみたほうがいいです。

■凍結した場合の対処法

寒さが厳しい時期にお湯が止まって、凍結による水のトラブルが疑われるのであれば、いったんスイッチを切ることです。リモコンのところにある、運転ボタンを押してオフにします。凍結している以上、凍った水が解けない限り症状は改善しません。ですから、日が出て気温が上昇するのをひたすら待つのが基本です。
そのようなまどろっこしいことをしなくても、お湯をかけて氷を解かせばいいと思う人もいるかもしれません。しかし給湯器も電子機器の一種です。水回りで使用するので、ある程度の防水機能は備わっていますが、大量にお湯をかけると故障の原因となることがあります。
ドライヤーを持っている人は、温風をかけて対処する方法も考えるかもしれませんが、この場合も本体内部にある保存材やゴムパッキンを傷める恐れがあります。劣化を進めてしまうと、結局交換をしなければならなくなることもあるので、自分で無理に何とかしようとするのはお勧めできません。
お湯が出るようになったら、すぐに使用するのではなく、まず水漏れの発生の有無を確認します。もし漏水が発生していると、漏電を引き起こし本体の故障を招きかねないからです。水漏れを確認した場合は、給水栓を速やかに閉じます。その上で水道業者に修理依頼をします。場合によっては給水栓を閉めても漏れが止まらない場合もあり得ます。その際には、水道メーターのところに元栓があります。こちらを閉めて水の流れをシャットアウトします。ただし元栓を閉めると、水もすべてストップすることを理解しておきましょう。

■凍結の予防法
給湯器が凍結して使えなくなるという水のトラブルは、北国で起こるものと思っている人もいるでしょう。しかし北国のような寒冷地域では、凍結対策を入念に行っています。そのほかの地域の方がそういった対策をしていない分、発生するリスクは高いです。北国と比較して頻度は少ないものの、寒気が下りてきて、年に数回氷点下の最低気温を記録することは十分考えられます。そういった事態も想定して、できる限りの予防をしておきましょう。
まず簡単にでき、かつ有効なのは電源プラグを抜かないようにすることです。給湯器の本体にはヒーターや自動ポンプ装置などが入っていて、ある程度予防できるような機能が装備されています。もし電源を抜いてしまうと、これらの機能が働かなくなってしまいます。
また、水が流れていれば氷点下でも凍結しにくいため、これを生かして、水を流し続けるのも簡単にできる予防法です。天気予報を見て、夜間かなり冷え込むということがあらかじめ分かっているのであれば、チョロチョロと水を出し続けて一晩過ごします。あまり大量に流すと水道料金がかさんでしまうので、4mmくらいの幅で出しておくといいです。
給湯器を外部に設置している住宅もありますが、この場合、水道管も外気にさらされます。外気温が低い際には、水道管内部で凍ってしまう危険性があります。ホームセンターなどに行くと保温材が販売されているので、これをむき出しになっている水道管にぐるぐる巻きつけましょう。そうすることで冷えが水道管に浸透しにくくなります。ネットでも販売されているので、トラブルが発生する前に用意しておくと安心です。保温材が取れないようにカバーした後でビニールテープなどで巻きつけて固定するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ