台所で困る水のトラブルの内容

■水のトラブルが起きやすい蛇口周りのポイント

台所という設備は毎日多くの水を使用します。水のトラブルが発生すると、大きな被害が生まれてしまいます。水道料金が驚くほどの金額になることもありますし、水が漏れたことで周辺に大きなダメージを与えることもあります。水に濡れることを想定していないものが近くにあれば、その損害は計り知れません。
水漏れしてきているときには、何が水のトラブルを引き起こしているのかを突き止め、適切な対処をしていくことが求められます。困る状態を少しでも改善して正常な状態に戻していく必要があるでしょう。
シングルレバー混合水栓は、住宅環境でも一般的な形状となりました。以前はホテルや高級マンションなどで使われていましたが、給湯器が普及してきたことにより、操作しやすいことから利用が進んでいます。調節する際の操作は分かりやすく、直感的に温度調節が行えます。
このタイプの造りの特徴は、バルブカートリッジが消耗品として重要なパーツになるところです。心臓部ともいえますが、このバルブカートリッジが耐用年数を超え、役目を果たさなくなれば、水漏れを起こします。シングルレバー混合水栓も種類がいろいろとあり、バルブカートリッジも一つではありません。どこの企業が作ったものなのかで違うことから、同じ形状と性能のものを用意しなければ、交換しても合わずに直すことができません。そのため事前にどのタイプが使われているのか確認して、正確に用意しておくことが修理をする際のポイントです。ホームページなどを見ると使われているのが何か型番まではっきりすることがあるため、この情報を持ってホームセンターなどで購入するといいでしょう。
バルブカートリッジは中心的なパーツですが、交換をしたとしても実際に水漏れが止まらず、困ることがあります。すき間ができてしまう状況を作るのは、内部にあるパッキンです。蛇口は複数のパーツを接続して構成されているため、隙間から水が漏れてこないようパッキンが使われていますが、使っている間にどうしても傷みが進みます。水漏れ防止として大事な役割を持っているのは古いタイプと変わらず、一番下に取り付けられているため、水漏れが止まらないときには新しいものに交換します。こちらも種類がいろいろと存在するので、同じものを見つけて取り付けるようにしましょう。

■単純で基本的でも細かなパーツで構成されている

台所で発生する水のトラブルの中でも、ハンドル混合水栓タイプの蛇口における水漏れなどは、解決しやすい内容です。操作としては水の流れも温度の調節もそれぞれの別の操作で行わなければならず、お湯と水の配管がそれぞれ違うため、調節する際ひと手間かかりますが、構造的には単純にできており、修理もしやすいのが特徴です。分解してみると分かるように、複雑な内容はもっておらず、ハンドル下のナットから順番に構造ができているという単純さがポイントです。特にパッキンは負担がかかりやすいパーツとなっているので、パッキンを新しくするだけで、トラブルが改善されることもあります。
ハンドル部分にあるパッキンの価格は安価であり、修理に使う道具も一般に流通している物を使用することができます。時間もそこまでかかるものではありません。パッキンも実は1種類ではなく数種類使われており、劣化しているかどうかの判断は簡単ではありません。そこで分解するのであれば、思い切ってすべてのパッキンを新しいものにしてしまうのが確実な選択です。
取り外した順番で組みながら戻していくことが問題を再発させない大事な条件です。あらかじめ構造について調べておけばそこまで難しくはありません。何をどこに取り付けたのか把握できるよう、スマートフォンなどで写真を取りながら進めていくと失敗が少なくなるでしょう。
自分で修理をするときには、水を止めなければ危険になることもあるため、必ず元栓や止水栓を閉めてから作業を行うことが大切です。

■排水側からの水漏れも起きる
台所では、排水口から使った水が流れ出してしまうのも困る状況です。水のトラブルとして早く直さなければなりませんが、多くはシンク下にある収納庫をのぞくと原因が見えてきます。慌ててしまう状況となりますが、慎重に対処を進めていけば、大きな問題にはなりません。
シンクの排水口には排水管がつながれており、そのまま接続しただけでは隙間が生まれやすく、水漏れを起こしてしまうため、ここにパッキンが使われています。パッキンの劣化は早いので、すり減ってきたら取り換える必要があります。問題はどのようにつながれているのか造りをきちんと把握できるかどうかということです。道具としてはそこまで多くのものが必要というわけではありませんし、家庭内にあるものでも何とかできることもあります。しかし、交換を間違ってしまえば、破損させてしまう危険性もある場所です。塩化ビニールでできているパーツは、金属などよりも慎重に扱う必要があり、ねじ山も壊してしまう可能性が出てきます。締め付けの力加減といった説明では判断しにくいところもあるため、十分に気を付けることが求められます。
直したつもりが状況を悪化させてしまうことも出てくるため、自信が持てないというときには、業者に連絡して状況を説明し、修理をしてもらったほうが確実です。シール材などを使って補修する方法もありますが、根本的には解決せず、いつ再発するか分かりません。内容も分からず使ってしまうと、今度は消耗品の交換では済まなくなり、配管ごと取り換えなければならない事態にもなりかねないため、注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ